大体元気に引きこもってるよ!
どうもこんにちは月野です。
爪が伸びてパソコンのキーボードがすこぶる打ちにくいよ。
さ、そんな事はどうでもいいんですよ。
今日は特殊アスペクトについて話したいっす。

特殊なアスペクトっていくつかあるんだけど
その中の一つが3つの天体が三角形の形を描くグランドトラインね。
私が勉強してきた本では幸運の大三角形って呼ばれてたような・・・。
まぁとにかくそれぞれの天体が120度のトラインを形成するから
少し前の解釈では「吉角」と捉えられてたよ。
ほんで、このグランドトラインなんだけどね
私が今まで鑑定してきた中でネイタルチャートにおいて
グランドトラインを持っている人って結構な割合でいるのよ。
特殊って本に書かれてたからさぞかし珍しいのだろうと思いきや
高確率で遭遇してる。
中にはダブルでグランドトライン取る人や
トリプルでグランドトラインを取る人もいたよ。


さて、この「吉」とされているグランドトラインなんだけど
幸運に恵まれまくっているのか・・・ってのが気になる所よね。
言わずもがなだけど
グランドトラインってのは3つの天体が全て同じエレメントで構成されるのよ。
火のグラトラ、地のグラトラ、風のグラトラ、水のグラトラ、ってな感じ。
同じエレメントで当然クオリティは全て違うから
何かを決める時や行動する時は協力体制が既に出来上がってる状態なのよね。
きっと動きが滑らか過ぎて本人も使ってる事を意識しないんじゃないかなーと思う


んでも、同じエレメントって事はさ
違う要素やイレギュラーの事に対しての対応ってのはどうなんだろう?
例えば火のグラトラ持ちの人に
地の要素をぶっこんだら
「地に足付けて現実的に行動しなよ!」
「えぇー今私はコレがしたいのに邪魔しないでよー」って
なるんじゃなかろうか。
そういう意味ではグラトラの使い勝手が一気に不便になるんじゃないかなーと思う。

異質のエレメントやクオリティ、つまり
スクエアやオポジションの関係性は以前の解釈だと凶角とされているけど
自分の中で衝突しながら出した答えだから
その分隙が無いし、不測の事態にも備えられるんじゃなかろうかと思うよ。

近年は特に「吉凶」という概念が薄れてきてて
「星をどう使いこなすか」という事にスポットが当たってきてるのね。
だからアスペクトも単純に吉角・凶角では判断しない風潮が浸透してきてるのよ。
自分が持っている星をいかに使って
人生の試練を上手に乗り越えていくかって意味では
アスペクトの吉凶はもはや大きな意味をなさないんじゃないかなって思うよ。

これからの占星術から目が離せないなーと思う
火星を全然使いこなせてないワタクシでした。
グラトラの話がいつの間にかアスペクト全体の話になってるような気がするけど
まぁ、いっかー(放り投げたよ!)
じゃあの!!(挙句逃げたよ!)


ホロスコープ講座☆アドバンス受講生募集してんだぜ!
すまん。諸々の準備があって締め切りは8月20日までに変更します。マジすまん。


オンライン鑑定やってるYO!!
ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

。*゚+.*.。オンライン鑑定について ゚+..。*゚+

オンライン鑑定やってます
気になる方はHPをチェックしてみてね

Instagramや、TwitterのDMからも受付してます。
返信が遅くなる場合がありますが
お待たせしてしまったらごめんなさい。(;´∀`)
必ずお返事は致しますので何卒ご容赦下さいませ。

月野ねこHP
https://aqua825825.wixsite.com/mysite/blank-8

Twitter
@aquamoon825

Instagram
ts.neko