かねてからずっとブログで紹介させていただきたかった著書がある。
高橋桐矢先生が書いた著書の
「副業占い師ブギ」

内容としては占いを副業としている
18人の占い師さんへ取材を行い
占い師になったきっかけや
占いをする時に気を付けている事、
モットー等を盛り込んだ対話式の文章で構成される。

私は販売前からワクワクしまくってて
販売開始になるや否や、
ジュンク堂に殴り込みにいかんばかりの勢いで購入し
すぐさま読みふけったんだけどね
文章が非常に読みやすくスルスル頭に入ってくるので
あっという間に読んでしまった。

この著書の素晴らしい所は
占い師の酸いも甘いもしっかりと記されている事。
それぞれの苦悩も鮮やかに表現されているので
イメージがしやすい。

特に私が感動した所は
占い師になるデメリットをきちんと記載してくれていること。

インタビューメインの内容の間に記載されているコラム部分から抜粋。

ーーーーまず社会的地位は底辺です。
そもそも占い師は、社会のヒエラルキーから外れたところにいるのですーーーー

この一文を読んで強烈に胸が熱くなった。
私の中でまさにその通り!よく言って下さった!!という
拍手喝采の嵐の如く歓喜に包まれた。
本当にその通りで、常々心の奥底で思っていた事を
高橋先生はしっかり伝えてくれている。
副業にするデメリットもそうだし
普通の人は占い師になろうとは思わない、ときっぱり言い切っているところが
非常に気持ちが良い。
この「普通の人」と違うというのは
「特別に良い」というニュアンスでは無い。
どちらかというとネガティブな意味合いで
普通の人が出来る事が出来ない・・・といった内容である。
自分自身が普通の事が出来ないと苦しかった記憶があるので
ハッキリ伝えてくれる著書はありがたいし
占い師の中で、私のようにそうだそうだその通りだー!と激しく共感し
モヤモヤを払拭する事が出来た人は
多いのではないかなーと思う。


占い師になりたいと思う方は近年増えてきているし
私自身も、お客様から「占いに興味がある」から
「占い師になりたいと思っている」という
思いを打ち明けられる事が多い。


占いに興味を持ってくれる事や
占い師を目指す事は私としては嬉しい事だし
 光栄に思う事なんだけど、
メディアやSNS効果で
どうしてもキラキラした側面が強調されているような気がする
占い師が裏で勉強に勤しんだり集客を含め
日々の努力の側面を軽視されているんじゃなかろうかという思いが拭えないだけに
メリット、デメリットをハッキリ伝えてくれる著書は
ありがたいし素晴らしいと思う。


だからこの著書は現役の占い師だけではなく
これから占い師を目指す人に是非読んでほしい。
占いを副業にしているインタビューを受けた18人の占い師さんが
どのような経緯で占いにたどり着いたか、
どのように占いと向き合っているのか、
人生においての転機はどういった事だったか、
どういったお客様が多いのか、
お客様と向き合う思いや占いに対する思い、
そういった事柄を
惜しみなく伝えてくれている。
それを是非参考にしてほしい。

様々な事を乗り越えて
それでも占いが大好き!という境地に至るまでを
体感できる著書なので
興味を持った方は購入して読んでみてね。
特にこれからは占い師を目指す人には
かなりお勧めしたい一冊です!

副業占い師ブギ
文・高橋桐矢
絵・不吉霊二
発行 雷鳥社
定価 本体1700円+税


今回ブログで紹介させていただく旨を
快くご了承いただいた高橋桐矢先生、本当にありがとうございます。
ご多忙の中、とても丁寧なお返事をいただきました事に
心から感謝を込めて・・・。

月野ねこ





DSC_0952


DSC_0954